主婦、突然ジョホールバルで暮らす日記

普通の主婦がマレーシアのジョホールバルで生活をすることになり、「初めて!」と感じた事を書いています。なんにでも興味深々な40代です(*´з`)

シンガポールのモスバーガーへ行ってきた!日本のモスバーガーとの違いは…ある?ない?

こんにちは! メグです(*´∀`)

ページを見てくださり、ありがとうございます!

f:id:forestberry128:20181017184236j:image

シンガポールにあるモスバーガーへ行って来ました🍔

モスバーガーは海外8ヵ国で販売されています。

東南アジアはシンガポール、タイ、インドネシアにありますが、マレーシアは残念なことにまだありません😢

 

シンガポールには33店舗あります。


f:id:forestberry128:20181018132708j:image

こちらはレギュラーメニューです。

シンガポールモスバーガーでは「和牛ハンバーガーデミグラス」を一押し商品として販売されていました。

 

f:id:forestberry128:20181020093316j:plain

キーマカレーチキンカツバーガー」

シンガポール期間限定商品のようでした。

他民族国家のシンガポールならではの「いいとこどり」メニューですね。

 

f:id:forestberry128:20181020093942j:plain

日本でもおなじみの「菜摘」もあります。

シンガポールでは健康に気をつける方がとても多いため、糖質を控えた商品は人気なのかもしれません。

 

f:id:forestberry128:20181021131636j:plain

キッズメニューもありました。

ハンバーガー、ポテト、ナゲット、りんごジュースで6.5ドル(約530円)からの販売です。

日本では490円からの販売ですが、ナゲットはついていないので、金額の差はないのかもしれません。

おもちゃのパッケージは日本語で書かれていました。

 

f:id:forestberry128:20181020220716j:plain

モスライスかき揚バーガーです。

3.9ドル(約320円)でした。

日本だと340円での販売なので少しお安いです。

大きさはさほど変わらないような気がしました。

サクサク感はあまりなくて、ちょっと残念な感じでした(+o+)

 

この時、モスチーズバーガーも買っていたのですが、テイクアウトで持ち帰る時に傾けてしまい、バンズがぺったんこになってしまいました。

 

それぐらいで潰れてしまうふわふわバンズで美味しかったです✨

ハンバーガーとして食べやすく、柔らかすぎないトマトが挟まれており、いつものミートソースとチーズでモスバーガー食べてる!という安心感がありました。

 

金額は3.85ドル(約320円)でした。

日本では400円するので、こちらは特にお得感を感じます。

 

日本と違うところ

ドリンクのサイズ

f:id:forestberry128:20181021121316j:plain

セットでのドリンクですが、右がSサイズ、真ん中がMサイズです。

Mサイズは500mlのペットボトルに近いぐらい、日本のLサイズぐらいありました。

 

チリソースがついてくる

f:id:forestberry128:20181021121948j:plain

シンガポールでは、 どこのファストフード店でも、チリソースがついてきます。

当然、モスバーガーでもチリソースをもらいました。

ケチャップはお願いしないともらえません(>_<)

 

 

 

如何でしたか?

日本ブランドの飲食店は海外での販売価格が高くなりがちですが、シンガポールモスバーガーは以外にも安くて驚きました。

私の個人的意見ですが、日本のモスバーガーと比べて違うところと言えば野菜だと思います。

シンガポールモスバーガーは日本のように契約農家さんの情報はありませんし、そもそも野菜は日本の方がかなり美味しいと思います。

ただ、そうであったとしても、日本で食べるあの味がシンガポールで食べられるのはとてもありがたいです✨

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました(*´ω`)

 

 

Jumpa lagi!

ジュンパ ラギ!

またね!