主婦、突然ジョホールバルで暮らす日記

普通の主婦がマレーシアのジョホールバルで生活をすることになり、「初めて!」と感じた事を書いています。なんにでも興味深々な40代です(*´з`)

ジョホールバルにあるワニ園に行ってきた!そこはワニの養殖場だった😲

こんにちは! メグです(*'▽')

ページを見てくださり、ありがとうございます!

 

f:id:forestberry128:20181008235226j:plain

今日はジョホールにあるワニ園のお話です。

ジョホールバルのチェックポイント(シンガポールからの入国口)から車で1時間のところにでジョホール川沿いにあります。

f:id:forestberry128:20181009000226j:plain

入口はこんな感じです。

よーく見ないとワニ園だと気が付かない建物です(+_+)

入場料は大人8リンギット(約220円)、子供4リンギット(約110円)です。

 

f:id:forestberry128:20181009000835j:plain

中に入ってすぐ、食事が出来るスペースがあります。

そう!ワニ肉の入ったスープです。

 

f:id:forestberry128:20181009001430j:plain

ここのワニ園は、食用と皮製品用としてワニを養殖しています。

それが理由で、園内でワニ肉のスープやサテが売られているということなんです。

 

f:id:forestberry128:20181009001744j:plain

もちろんですが、観賞用のワニもたくさんいます。

ここのワニ園は1979年に建てられ、1000種類のワニたちがいます。

中には100年以上生きているワニもいるそうです。

f:id:forestberry128:20181009002002j:plain

中には尻尾のないワニもいます。

ワニはワニ同士ケンカをするとき、口以外にも尻尾を使い相手を攻撃します。

その時に負傷したのだと考えられます。

もちろん、先天性異常などで尻尾のないワニもいます。

どちらにせよ、尻尾がないワニはかなりのハンディとなるため、個々で隔離し、飼育されていました。

 

f:id:forestberry128:20181009003621j:plain

園内にはワニの説明ガイドもありました。

 

f:id:forestberry128:20181009003737j:plain

ある程度、観光客が増えると、飼育員のおじさんがお客さんとともに園内を回り始めます。

そして長い棒でワニを突いていきます。

すると、ワニは驚いて水しぶきを上げ動きます。

ワニは普段園内でゆったり生活をして動きがあまりありません。

飼育員さんは動くワニを私たちに見せ、楽しませようとしているのでしょうが、ちょっとかわいそうな光景でした😢

 

f:id:forestberry128:20181009004021j:plain

ワニ園のすぐ裏でニワトリが飼育されていました。

誰も何も言いませんでしたが、あのニワトリはワニのためになるのでしょうね…

 

私たちのもう一つのお楽しみはワニ園の外にありました。

f:id:forestberry128:20181009004556j:plain

子供のワニを触らせてもらえるんです(^^♪

一人5リンギット(約140円)で抱かせてもらえます。

口は結束バンドのようなものできつく閉じられていたため、噛まれる心配はなさそうです。

ちょっとかわいそうなんですけどね…

おじさんは水槽からワニを取り出すと、タオルで拭いて渡してくれます。

f:id:forestberry128:20181009005046j:plain

持ち方はこう!などレクチャーを受けながら抱かせてもらい撮影会開始です(笑)

ワニの肌はひんやりとしていて、滑らかで、それでいて固くなく柔らかかったです。

子供のワニだったせいか、背中側はそれなりに硬さがありましたが、おなか側はビックリするぐらい柔らかかったです。

 

f:id:forestberry128:20181009005632j:plain

おじさんは手慣れたもので、「写真撮った?じゃ次ね!」と言って、次々にワニを移動させます。

 

f:id:forestberry128:20181009005849j:plain

極め付けがコレ!

頭の上はさすがに緊張しました(;^ω^)

 

これが最後で終了!

お支払いをして、ワニはまた大き目のバケツの中に戻されました。

貴重な体験が出来てうれしかったです!

子ワニさん、ありがとう☆

 

< 注意>

マレーシアでは野生のワニがたくさん生息しています。

ジャングルの奥深くに…と思いがちですが、身近な池にも生息しており、人がワニに襲われ、命を落とす事故が後を絶ちません。

マレーシアの池や沼に行く場合、十分に注意してくださいね。

 

 

tourism.johor.my

 

 

 如何でしたか?

ここのワニ園は「クロコダイルファーム」と呼ばれています。

クロコダイルファームいう名前は、養殖場に限ってつける名前なんだそうです。

1950~1970代まで世界中でワニの乱獲があり、ワニを守るため養殖場が世界の国々に出来たというわけです。

ワニ肉は淡泊な肉質で高たんぱく低カロリーな食材として知られており、ワニ皮は高級な革製品となります。

今まで、ワニ肉にもワニ皮にもお世話になることはなかったのですが、産業としてある限りワニ肉も食べてみたいと思います!

今度はワニ肉を食べに行くぞー('ω')ノ

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました(*´ω`)

 

 

Jumpa lagi!

ジュンパ ラギ!

またね!